直感と創造力を与える色がある!

本日も色彩万象のこのページに来てもうて、まいどおおきに!です。

世の中はアベノミクス効果で株価などは調子よさそうですが、まだまだビジネスの世界でも、個人の生活においても、厳しい状況が続いてまんなあ。

そこを乗り切るには、今までにない独創的なアイデアを閃かせたり、豊かな発想を展開させることが重要なキーワードになってまんなあ。

アイデア次第で新たなチャンスや成功への扉も開かれる可能性がおおいにありまんなあ。

そこで今回は、独創力と直観を高めてくれるサポートカラーの「紫色」の話をさせてもらいます。

 

高貴・神秘・優雅といったイメージを象徴するこの色は「積極性の赤」と「鎮静の青」という、相対する性質がある2つの色の力を併せもつ色で、不思議なパワーがあり、高い精神性を表わし、感受性や直観力を高め、個性や創造力を導きだしてくれまんねんなあ。

 

責任感と自立の念がつよい日本人は、条件や周囲の状況を考えながら常識や型などからはみ出さないように努めようとする傾向があるんで、周囲の考えと違うと不安に陥りやすいですが、これでは創造的に物事を考えることは難しいでんなあ。ですから創造力を高める第一歩として、個性や独創性を導いてくれる紫色を勧めてまんねん。

 

私の行うアートセラピーでも紫を好む人たちは感性が鋭く、平凡なものの考え方をせえへん傾向がおまんな。また、芸術性も高く直観力も冴えており、自分のセンスや個性を重んじるタイプが多く、常識では考えられないような発想を思いついたりしやすいですわ。事実、芸術家や宗教家、占い師・企業家など何かを見抜く、導くといった能力を必要とする職業の人が好む傾向が高い色でんねん。

 

紫色は周囲の人からなんと思われようが、自分という確固たる考えやアイデンティティを貫くエネルギーをもってまんな。このような紫色の力を借りて、自分の拘りを大切にしたい時や新しい企画やサービスを考える際には、文具や小物、衣類に取り入れたらどうでっしゃろか。

また、紫色を見ながらアイデアなど考え事をするんもええかもしれまへんあな。

これは、余談ですがギャンブルの時などは直感が冴えて勝てるかもしれまへんなあ。ただその際は自己責任でやっておくんなはれや!

しかし、この色を使いすぎると自分の価値観に固着することで、人に合わせたりする協調性を損なうこともありますんで、長期的な使用は避けたほうが賢明ですが、個性や創造力といった面から考えるとパワーを与えてくれる色でっせー!

今回も最後まで読んでもうて、まいどおおきに!